前へ
次へ

新卒者の就職と第二新卒者の転職の違いは何か

新卒者の就職活動と第二新卒者の転職活動では、いったいどのように異なるのか、ここが気になる点ではないでしょうか。
まず理解しておきたいことは、それぞれの立場では就職活動や転職活動の方法が違うということです。
それぞれ適切な活動方法があります。
単純に求人情報から探し出して応募すればいいというわけにはいきません。
これはまだ一度も社会を見ていない新卒者と、曲がりなりにも社会に出た第二新卒者とは、採用する側である企業のイメージや要望も異なります。
学生が就職活動に苦労した時代は長らく続きましたが、最近では中小企業を始めとした多くの企業が人材不足ということもあって、就職状況はかなり明るくなりました。
まだ社会に出ていない新卒者を一から育成していくという余裕もあります。
新卒者を採用するメリットはやはり成長を期待できるという点が大きいでしょう。
第二新卒者を採るメリットは、短期間でも社会に出ているという経験を持っていることで、ある程度のビジネスマナーなども身に付けているという点です。
大きなコストをかけて新卒者を一から教育することもないのでコスト削減も望めます。

Page Top