前へ
次へ

仕事に就くためには就職か転職をすることになる

仕事選びは自分の人生の中でも比較的に大きなイベントになります。
誰でも小さいころからの夢や目標があり、それに向かってひたすらに走っていく場合もありますが、とりあえずは社会に出て一人前の社会人になる事が先決だという人も少なくないでしょう。
ましてや長らく続いた就職氷河期という時代も大きな原因となって、自分の理想とするような会社に入れなかった人もいます。
また、正社員ではなくアルバイトという立場で生計を立てている、いわゆるフリーターと呼ばれる人たちも増えました。
人によって働き方は様々ですが、いざ仕事を選んで就職するときには新卒者や既卒者、または第二新卒者という別け方があります。
新卒者は高校や大学、あるいは大学院の卒業を前にして行う一般的な就職活動です。
第二新卒者は既に学校を卒業して一度会社に就職をした人たちが何らかの事情で短期間で退職してしまい、再び就職活動を行う人のことをこう呼んでいます。
この場合は就職活動ではなく転職活動となるわけです。
そして、既卒者というのは学校を卒業して一度も就職経験を持たない人になりますから転職活動ではありません。

Page Top